新宿 花園神社の狛犬

hanazono01.jpg

新宿では結構有名な神社と思います。
それにふさわしいオーソドックスで力強い、いわゆる二枚目な狛犬ですね。
こちらは珠というよりは毬?といった感じの球体を持っています。
何か意匠的に狙いがあるのでしょうか?

hanazono.jpg
相方の阿は子供を抱いています。
ちょっと思春期に入ったかのような難しい顔をした子供ですが…。

珠(球体)と子供を持つというこれまたオーソドックスな様式の狛犬が護る花園神社ですが、その奥にはまだまだ秘められた(?)ものがありました。
花園神社編次回に続きます。

※この記事は2005年11月24日に投稿したものを転載しました。

横浜 関帝廟の狛犬(石獅)

yokohama03.jpg

久しぶりに日本の狛犬(でも実は中国様式ですが…)に帰ってきました。
横浜中華街の関帝廟を守る狛犬です。
関帝廟は一度火事で焼失しており、その焼け跡から掘り出されたものを再び安置したらしいです。台湾から取り寄せた石を、鎌倉の石匠が彫ったものだとか…。

写真を撮った日は横浜スタジアムで横浜ベイスターズ対ヤクルトスワローズ戦を見た帰りでした。
代打内川の劇的な逆転3ランホームランで試合は横浜の快勝。
いい気分での撮影です。

ちょっと雨模様だったので携帯カメラでの撮影は微妙でしたが…。

yokohama02.jpg

抱いた子供がかわいいです…。

アメリカに発つ前に狛犬が手に持っている物を考察してみる…といいましたが、今回の彼らは阿吽の阿がお金のついた珠を持ち、吽のほうが子供を抱いています。
このあたりのことはこちらからリンクもさせていただいている狛犬天国さんが詳しく解説しているのですが、やはり珠、子供というのは定番みたいです。
では、10月にアップした日本橋の狛犬の彫刻が手に持っているのはなんでしょう?ということになりますが、なんと、…東京都のマークではないか?という説が出ています。
果たして、真相はどうなのでしょう?

※この記事は2005年11月21日に投稿したものを転載しました。
日本橋の獅子が持っているのは東京都のシンボルですね。
posted by ∀wano at 13:38Comment(0)狛犬

サンタモニカ ベニスビーチの案山子

aw1_0293.jpg

ちょうど行った時期がハロウィンだったので、こういうものを見つけることができました。
行った順序で言うとサンタモニカのほうが先ですが、あまりにも狛犬軒的なネタが無かったので、こういった形でUSA編の総集編的最終回とさせていただきます。ま、たまには風景写真も…ということで。

aw1_0072.jpg

サンタモニカのホテルです。

aw1_0073.jpg

なかなかこうやってみると味があるのですが…
やはり中はお見せできません。

aw1_0058.jpg

ホテルの表の通りです。

aw1_0057.jpg

木、高いです

aw1_0056.jpg

すごく高い…。

aw1_0130.jpg

着いてすぐなので時差ぼけ気味でした。

aw1_0297.jpg

ただの信号が結構味あったり…

aw1_0289.jpg

夕陽は…そりゃきれいでした。

実はいろいろと辛い旅だったのですが…ま、今度は完全遊びで行きたいです。

※この記事は2005年11月18日の投稿を転載したものです。
posted by ∀wano at 13:45Comment(0)風景